30代 ED

30代でEDの割合とその治療法

650
30代男性のEDの割合は5%程度です。
調査全体(30歳から79歳まで)の割合は24%なので、30代でEDになる人はあまり多くないといえます。
しかし、私はその5%に入ってしまってます。残念なことです…。

 

勃起力の衰えを感じ始めたのが30代前半でした。

 

それから少しずつ衰えていって、30代後半になると中折をするようになってしまいました。

 

ゆっくり進行したので、その間対策をとろうという気は起きませんでした。

 

しかし、いつの間にか男として危機的状況に陥っていました。

 

私は30代半ばで結婚したので、EDにはかなり困りました。

 

完全EDではないのですが、挿入できるだけの硬さにならず、そのまま行為が終了してしまうこともしばしばで、新妻には申し訳ないやらで、自分も恥ずかしかったです。

 

結婚するのがあと5年早かったらなあと思いましたが、そんなこと考えても仕方ありません。

 

自分のEDは何が原因なのだろうと考えましたが、これと言って思い当たる節はありません。
やはり加齢によるものだと思います。
だとしたら時間の流れを止めるすべもなく、私のEDは良くなるどころかこれからも悪化していくでしょう。
本当に絶望的な気持ちになりました。

 

それでようやくED治療薬を使う気になりました。

 

これまで存在ぐらいは知っていましたが、使うのが怖かったのでこれまで避けていました。
しかし、このまま悪くなる一方なら思い切って使ってみようと決断しました。

 

詳しく調べると、バイアグラなどのED治療薬は病院でしか処方してもらえず、しかも1錠1,500円程度と高価なことが分かりました。

 

そこでさらに詳しく調べると、インド製のバイアグラジェネリックなら格安で、しかも病院へ行かずに手に入れる事ができると分かったので、早速注文しました。
本サイトで紹介している「カマグラ」です。

 

インド製って大丈夫なのか?と若干不安はありましたが、まあ死ぬことはないだろうと1回使ってみました。

 

…効果は絶大でした。副作用もなし。

 

EDで長い間悩んでいたのが馬鹿らしくなるぐらいあっさり解決しました。

 

それ以来、事に及んでは必ずカマグラなどの安いED治療薬を使用しています。

 

私の場合、ED治療薬を使用することが解決策で、同じく30代でEDに悩んでいる方にオススメします。

→バイアグラジェネリック「カマグラ」の詳細はこちら

 

別の解決策

しかし、EDの原因によっては別の解決策もあります。

 

EDの原因は一般的には以下のとおりです。

 

●生活習慣の乱れ(血管や神経が傷む)
●糖尿病、高血圧など
●ストレスなどメンタル面
●手術や外傷

 

30代の男性に多いのが生活習慣の乱れとストレスではないでしょうか?

 

生活習慣に関しては、食生活の見直し、断酒、禁煙、適度な運動、十分な睡眠時間の確保など、生活を見直せば、EDが改善される可能性があります。

 

ストレスに関しては、ストレスの原因がなくなると、EDが治る可能性があります。

 

実際は様々な原因が複合してEDが起きることが多く、原因の特定は難しい部分があるので、個人的には手っ取り早く薬を使うのがいいと思います。

→バイアグラジェネリック「カマグラ」の詳細はこちら