バイアグラ

バイアグラ

バイアグラ (Viagra)とはED治療薬としては先駆けとなる存在で、1990年代にアメリカの製薬会社ファイザーにより開発されました。
有効成分のクエン酸シルデナフィルは元々狭心症の治療薬として研究が進められていたのですが、研究の段階で臨床試験を受けた被験者が余った薬を製薬会社に返そうとはせず、その原因を探る中で被験者の陰茎が勃起する作用があることが判明しました。
以降はED治療薬としての研究開発が進められ1998年にアメリカで販売が、また日本国内では1999年に当時の厚生省により製造承認を受けて発売が開始されました。

 

バイアグラの作用機序については、有効成分のクエン酸シルデナフィルが体内に入ると勃起を抑制する酵素である5型ホスホジエステラーゼの活性を阻害する作用があり、この作用が陰茎周辺部にあるNO作動性神経に影響して血管を拡張させて血流量が増えることで陰茎は大きく隆起し勃起した状態になり、一定時間維持することが可能になります。

 

バイアグラを服用する際の注意点については、性交を行う30分〜1時間前に水で服用することになり、食事と一緒に飲むと効果が薄れるため空腹時の服用がお勧めになります。
飲酒に関しては少量であればリラックスしたことで勃起を助けるのですが、飲みすぎた場合には効果がなくなる可能性もありますので避けるべきとなります。

 

また副作用に関しては血圧の急激な低下や心臓への酸素供給に問題が生じることもあり、特に心臓に問題を抱える方の場合は医師の診察を受けた上で処方を受けることが重要になります。