なぜシルデナフィル(バイアグラ・カマグラ)には勃起効果があるのか?

なぜシルデナフィル(バイアグラ・カマグラ)には勃起効果があるのか?

バイアグラやカマグラの有効成分であるシルデナフィルの、勃起に至るまでの作用を説明します。

 

そんなこと別に知らなくても薬は使用できますが、長い付き合いになるかもしれないので簡単には知っておいたほうがいいかもしれません。

 

なお、シルデナフィルが勃起につながるには数段回の過程があります。その作用は単純ではありません。

 

文字で説明する前に簡単な図を作ったので御覧ください。
650

 

では説明します。

 

まず、人体が性的刺激を受けるとNO(一酸化窒素)が生成されます。

 

NOの生成には男性ホルモンも関わってきます。

 

加齢によって男性ホルモンが減少するとNOの生成量も少なくなり、EDに繋がります。

 

とはいえ、シルデナフィルはNOの生成量を増やす薬ではありません。まだ先があります。

 

NOは海綿体平滑筋細胞内に作用すると、cGMP(サイクリックグアノシン1リン酸)という物質が生成されます。この物質により細胞内のカルシウムイオン濃度が下がり、平滑筋が弛緩して血

 

液が海綿体に流れ込んで陰茎が勃起します。
cGMPがカルシウムイオン濃度を下げるメカニズムや、なぜカルシウム濃度が下がると平滑筋が弛緩するのか?などは難しすぎるので割愛します。

 

この、cGMPがそのまま存在すれば勃起は継続しますが、通常はPED-5という酵素によってすぐに分解されてしまいます。

 

つまり、PED-5さえなければ、ずっと勃起は継続しますし、中折も起きません。

 

ようやくここで、シルデナフィルの登場です。

 

シルデナフィルはこのPED-5という酵素の働きを阻害する作用があります(なお、レビトラやシアリスの成分も同じ作用があります。)

 

その結果、勃起成分ともいえるcGMPの濃度が上がり、勃起が促進されるようになります。

 

つまり、シルデナフィルは勃起を終了させる物質を不活性化することによって勃起を促進させる効果を生み出すといえます。

→カマグラの口コミ・詳細はこちら