レビトラ

レビトラ

レビトラ (levitra)とはドイツの製薬会社バイエル薬品がED治療薬として開発した医薬品で、バイアグラに続いて世界で2番目に開発されたED治療薬になります。
有効成分のバルデナフィル(塩酸バルデナフィル水和物)は水にやや溶けやすい性質を持つもので、先に開発されたバイアグラの水に溶けにくい欠点を解消したことから人気を集めています。
ドイツで発売されたのは2003年になり、日本国内では2004年に国より製造承認を受けて発売が開始されましたので、バイアグラに遅れること5年で医療機関を介して一般に流通するようになりました。

 

レビトラを服用する際は、性交を行うおよそ1時間前までに服用する必要があり、バイアグラとは異なり食事と共に服用しても影響は出ないとされていますが、作用が効き始める時間が遅れることもありますのでできれば食事時間以外での服用が望ましくなります。

 

レビトラの作用についてはバイアグラなどと同様で、有効成分のバルデナフィルが勃起抑制酵素 を阻害して、その作用で陰茎にあるNO作動性神経に作用を及ぼし陰茎への血流量が増えることで勃起をうながし、10mg配合の錠剤でおよそ5〜6時間、20mg配合の錠剤でおよそ8〜10時間ほど勃起が持続する事になります。

 

副作用に関しては顔のほてり・目の充血・動悸・頭痛などがあり、循環器系に問題がある方や肝機能障害などがある場合に症状を悪化させる可能性があります。