シルデナフィル

シルデナフィルについて

シルデナフィル(sildenafil)とはアメリカの製薬会社ファイザーが手がけた勃起不全の治療薬で、それ以外に肺動脈性高血圧症の治療薬としても販売されています。
有効成分のクエン酸シルデナフィルは同社が手がけているバイアグラの主成分としても配合されており、シルデナフィルとバイアグラは同一の医薬品となりますが、販売に際して前者は勃起不全と肺動脈性肺高血圧症の治療薬として、また後者はED治療薬とそれぞれ棲み分けが行われています。
アメリカでは発売されたのは1998年で日本国内では1999年になり、バイアグラと同様の時期に流通が開始されました。

 

シルデナフィルの作用については有効成分が同一であるバイアグラとまったく同じもので、5型ホスホジエステラーゼを阻害し陰茎陰茎内に大量の血液が流れ込むことにより勃起することになり、いわゆるPDE5阻害薬のカテゴリに属します。

 

副作用に関してはほてり・潮紅・頭痛・鼻づまりなどがありそれほど気にすることもないのですが、硝酸薬との併用した場合には急激な血圧低下が、さらに4時間以上続く痛みがともなう持続勃起症が生じることもあります。

 

服用する際の注意点については、性交を行うおよそ1時間前までに服用することになり、効果の発現については70〜90%くらいの割合で勃起が誘発されることになります。
食事と共に服用するとしても効果が薄れる欠点はバイアグラと同様になりますので、できるだけ空腹時に服用することがお勧めされます。

 

オキシトシン・ラブ(Oxytocin Love)

 

カマグラ(100mg)