最強の精力剤

最強の精力剤とは?について考察する

 

世の中には精力剤と言われる商品は山ほどあって、すべてを把握することは不可能なぐらいです。

 

その中で最強の精力剤はどれなのか?について考えてみます。

 

その前提ですが、一言で精力剤といっても効果はいくつかに分類できます。

 

●疲労回復
●体質改善
●精力増強・勃起促進などの性機能改善
などがありますね。

 

これらの効果をごっちゃにして最も効果の高い精力剤はどれか?について考察しても意味が薄いので、このサイトのテーマでもある「精力増強・勃起促進などの性機能改善」の効果にフォーカスしたいと思います。

 

また、効果だけでなく、バイアグラのような即効性が極めて重要だと思います。

 

いざ勃起が必要な時に、「漢方薬で体質改善させて勃起機能を改善させるから1ヶ月待って」とか言えないですよね。
少なくとも1時間ぐらいで効果が出てくれないと困ります。

 

ということで、最強の精力剤とは性機能改善効果があって即効性が高いもの、とします。

 

医薬品分類

医薬品には販売に関して分類があるのはご存知だと思います。
要指導医薬品が最も注意が必要、つまり効果や副作用が強い医薬品とも言えます。
第1類医薬品はそれに次ぎます。

 

第2類医薬品、第3類医薬品は市販の風邪薬などが該当します。使用には注意が必要であるものの比較的ライトな商品が該当します。

 

しかし、精力剤はそれ以外の分類の商品が一番多いかもしれません。

 

要指導医薬品

対面で書面での情報提供が義務となっています。
ネットでは販売できない薬です。

 

要指導医薬品の精力剤

●ストルピンMカプセル
●ハンビロン
この2つにはヨヒンビンという催淫作用があるとされる成分が配合されています。
なお、ヨヒンビンは劇薬指定されています。
劇薬の精力剤って、強烈に効きそうです。
この2つはあかひげ薬局で取り扱っています。

 

第1類医薬品

書面での情報提供の義務があります。要指導医薬品と同様、薬剤師のいる薬局でしか購入できません。
なお、ネットでは販売できます。

 

第1類医薬品の精力剤

●強力バロネス
●金蛇精
●プリズマホルモン精
●活力‐M
これらの精力剤にはメチルテストステロンという男性ホルモンが配合されています。
筋肉増強剤などにも使用される強烈な成分です。
長期間服用すると副作用も出るので注意です。
この4つは通常の薬局には置いてないことがほとんどで、精力剤専門の薬局や通販で購入することができます。

 

第2類医薬品

薬剤師以外の登録販売者でも販売できます。専門家からの情報提供は努力義務となります。

 

第2類医薬品の精力剤

●ユンケル黄帝液など
様々な漢方薬が配合されている精力剤は第2類医薬品に指定されていることが多いようです。

 

第3類医薬品

第2類医薬品よりは注意を必要としない医薬品です。

 

第3類医薬品の精力剤

●リポビタンゴールドなど

 

指定医薬部外品

指定医薬部外品は2009年に出来た新しい分類です。医薬品ではありませんが、効能の評価を受けている商品です。
医薬品ではないので薬局以外でも購入できます。

 

指定医薬部外品の精力剤

●リポビタンDなど
リポビタンDは精力剤というよりビタミン剤と言ったほうがいいかもしれません。

 

それ以外(清涼飲料水など)

上記に分類されない精力剤が最も多いと思われます。
医薬品っぽい効果を表示してはいけません。

 

それ以外の精力剤

●オロナミンC
●凄十
凄十はコンビニやドラッグストアで見かける最も有名な精力剤の一つです。
漢方成分やガラナなど、効きそうな成分がいくつも配合されていますが、清涼飲料水扱いです。

 

最強候補となるのはやはり、要指導医薬品のヨヒンビン入りの精力剤ですね。

 

アメリカで行われた実験では、ヨヒンビンの服用を続けた2ヶ月半の期間で6割の人が勃起力が改善したとのことです。

 

ネット上でヨヒンビンを使用した人の口コミを探しましたが、効果があったとする声もありますが、頭痛、悪寒、食欲不振などの副作用の声も目立ちました。
さすが劇薬指定されているだけあって、効果も副作用も派手のようです。

 

なお、ヨヒンビンは海外では医薬品指定されてない国も多く、アメリカでは普通のサプリに配合されています。
私もそういったサプリを服用したことがありますが、すぐに勃起したということはありませんでしたし、効果は微妙でした。

 

また、ヨヒンビンは即効性という点ではあまり評価できません。
ある程度の期間を服用し続けないと効果がないようです。

 

副作用が強いこと、即効性がないことなどから、
●ストルピンMカプセル
●ハンビロン

 

が最強の精力剤というには疑問符がつきます。

 

 

では次に
第1類医薬品の精力剤
●強力バロネス
●金蛇精
●プリズマホルモン精
●活力‐M
について考えます。
これらの精力剤にはメチルテストステロンという男性ホルモンが配合されています。
男性ホルモンを配合した精力剤はかなり数が少ないです。全精力剤の0.1%もないと思います。

 

EDの原因の大きな要因として男性ホルモンの減少があります。
加齢によって体内の男性ホルモンの分泌機能が衰えていくため、歳を取るとEDになりやすくなります。

 

男性ホルモンを外部から摂取すると、一時的に体内の男性ホルモン濃度が上昇して、勃起しやすくなります。

 

男性ホルモンはすぐに体内に吸収され作用するので、即効性も期待できます。

 

しかし、私は「強力バロネス」を服用したことがありますが、効果も即効性も微妙でした。
勃起効果は感じませんでしたが、ちょっと性欲がUPした感じはありました。
服用から効果を感じるまでの時間は40分から1時間程度でした。
なお、副作用は感じませんでしたが、長期服用すると睾丸が萎縮するなどの恐ろしい副作用が出る可能性があります。

 

これが最強の精力剤かというと疑問ですが、コンビニで売っているような精力剤よりは効果があります。

 

 

 

第2類医薬品以下の精力剤ですが、数が多いので一つ一つ考えるのは不可能なので、全体的に見たいと思います。

 

星の数ほど存在する精力剤ですが、配合されている成分はある程度共通しています。

 

●すっぽん、サソリなどの動物性成分

 

●ガラナ、マカなど催淫剤とも言われる成分

 

●冬虫夏草、朝鮮人参などの漢方成分

 

●亜鉛などのミネラル

 

●ビタミンB群などのビタミン

 

●ローヤルゼリーなどの栄養成分

 

●シトルリン、アルギニンなど陰茎に血液を流れやすくする成分

 

●カフェイン

 

以上の組み合わせでほとんどの精力剤は作られています。
性機能に直接関連している成分は赤字にしています。

 

この中で即効性で効果を感じられる可能性があるのはカフェインくらいだと思います。

 

他は、長期間服用してじっくり体質を改善させて、その結果精力も回復する、という意味合いの強い成分です。

 

カフェインはほとんどの精力剤に配合されていますが、頭がしゃっきりするという覚醒効果はありますが、精力とは直接関係のない成分だと言えます。

 

よって、第2類医薬品以下の精力剤で性機能改善に即効性のある商品はほとんどないと思われます。
個人的にもコンビニで売っているような精力剤のドリンクを何度か飲みましたが、ほとんど効果は感じませんでした。はっきり効果があったという声も聞いたことがありません。

 

ただ、シトルリン、アルギニン、亜鉛などを主成分とするペニス増大サプリを数ヶ月間服用したことがありますが(メガマックスウルトラなど)、性欲は増大しましたし、勃起もしやすくなりました。バイアグラほどギンギンにはなりませんが、一定の性機能改善効果はありました。
かといって、それを最強の精力剤といえるかというと、そこまでとは言えません。

 

じゃあ、結論としてどれが最強なんだというと、しいて言えば、やはり要指導医薬品、第1類医薬品の精力剤である

 

●ストルピンMカプセル
●ハンビロン
●強力バロネス
●金蛇精
●プリズマホルモン精
●活力‐M
の中のどれかになると思います。

 

しかし、どんな精力剤よりバイアグラの方が効果が強いはずです。
副作用も小さいですし、価格もこれらの精力剤よりは安いです。

 

下手に最強の精力剤を探し続けるとお金も時間もかかるので、もうバイアグラか、レビトラ・シアリスか、バイアグラジェネリックのカマグラなどのED治療薬を選択肢たほうが早いし確実です。

 

ということで結論ですが、

 

最強の精力剤よりED治療薬の方が最強

 

とします。


→通販バイアグラの口コミ・詳細はこちら