バイアグラが効かない理由のまとめ

バイアグラが効かない理由のまとめ

ED治療薬の情報をネット調べていると、全く効果がなかった、という口コミも散見されます。

 

効果がなかった、という場合、理由はいくつか考えられます。

 

●服用の仕方が悪かった
バイアグラが効かなかったという理由でもっとも多いのは、食後に服用してしまったことによると言われています。
特に脂っこい料理を食べると胃に油膜ができて薬の吸収が悪くなり、薬の効果が激減します。

 

●体質が合わなかった
理由ははっきりしませんが、バイアグラは効かないが、レビトラは効く、またはその逆という人もいます。体質によって効果の出具合に大きな差が出る場合があります。

 

●量が少なかった
50mgでは効果がなかったが、100mgだと効果があったという人もいます。ただし、特に体が小さい人が大量に飲むのは危険です。

 

●極度のストレス
極度のストレスがある場合、バイアグラが効かないことがあります。

 

●性欲がない
バイアグラは勃起を促進する効果がありますが、性欲を高める効果はありません。性的興奮がないとバイアグラを服用しても勃起しません。

 

●病気や怪我の影響
動脈硬化、糖尿病、脊椎損傷がある場合、バイアグラが効かない場合があります。

 

●加齢
年を取ると全身の機能が衰え、勃起する力も衰えます。勃起力の減退をバイアグラでもカバーしきれない場合があります。特に60歳以上の方に当てはまります。

 

臨床試験においても100%の人に効果が見られたというわけではないので、一定数効果の出ない人がいるのは仕方ありません。
しかし、バイアグラ効かない理由の多くは服用の仕方が悪いだけなので、まずはそこを気をつけましょう。